読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ActOne アクトワン の評判・口コミ、卵子提供のブログ

卵子提供をお考えのあなたに! お悩みのご夫婦をサポートします。

無精子症でも可能性が!

不妊は女性だけの問題ではありません。不妊の原因のおよそ半分は男性にあるといわれています。

男性の約100人に1人が無精子症なのです。このうち精巣で精子は作られているけれども、その精子がうまく出てこない閉塞性と呼ばれる症状の人が15%程度、そもそも精巣に原因がある非閉塞性の人が85%程を占めます。

手術をすれば閉塞性ではほぼ100%の割合で精子の採取が可能で、非閉塞性でも約40%は精子が採取できるといわれています。

 

現在は医療技術の進歩により、精液中に精子が存在しない無精子症など妊娠が難しいケースでも、子を授かることが可能になっています。

 

f:id:Act-One:20160822162336p:plain

 

マイク口テセという手術をご存知でしょうか?

睾丸を包み込む袋である陰のうを切開し て、睾丸中の精細管に精子があるかどうかを顕微鏡で観察し、精子があれば回収する手術です。

局所麻酔で医師と患者が同じ 画面を見ながら精子の有無 を確認しながら手術を行い、10分から90分程度の時間で終了し日帰りもできるようです。

 

染色体異常の病気であるクラインフェルタ-症候群の場合でも、精巣内でわずかに精子が作られていることもありますし、Y染色体の一部が欠けるAZFc欠失と呼ぶ状態でも、精子を採取して妊娠につなげることが可能です。ただAZFc欠失の場合は、生まれてきた子供が男の子であればAZFc欠失も遺伝しますので留意してください。

 

不妊の原因が男性側にあっても医療機関を訪れる人が少ないという問題もありますが、

最近は男女ともに対応できるクリニックや夕方遅くや休日も開く病院もあって少しずつ状況は改善しているようです。

男性諸君!勇気を持って、精液検査を受けてみましょうね。

 

f:id:Act-One:20160723180831j:plain

卵子提供プログラムなど海外での不妊治療なら

Act One アクトワンにお任せください。

お問合せはこちらから→→→   acto-uno.com

 

 


健康と医療(不妊) ブログランキングへ