読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ActOne アクトワン の評判・口コミ、卵子提供のブログ

卵子提供をお考えのあなたに! お悩みのご夫婦をサポートします。

エッグドナーさんはアンタゴニスト法で採卵する その2 

 

クリニックの初診日に血液検査、ホルモン値の検査、エコーによる卵胞の確認が行われ

その結果に合わせて排卵誘発剤使用量が処方され、

その日の晩から自己注射が始まりまると書きました。

 

それではそれを具体的に見ていきましょう。

 

例えばハワイのクリニックであれば、

hMG としてメノピュアとゴナールFが使われます。

メノピュアは卵胞の発育に必要なFSHLHの両方が

(1:1)の割合で入っている排卵誘発剤です。

MGは閉経期の女性の尿から作られますが、

それはこの時期の女性の尿が大量にFSHLHを含むからです。

閉経期の女性の尿が、採卵するための女性の卵胞を育てる

というのはとても不思議なことですね。

 

FSHLHなどについては、このブログの女性ホルモンの基礎知識(その1~その5)として、分かりやすく解説しているのでご参照下さい)

 

f:id:Act-One:20161015172319j:plain

  (FIHのクリニックのあるメディカルビル)

 

その後通常は初診から5日目、8日目、10日目にクリニックで診察を行って、

左右の卵巣の卵胞数とその大きさを測定して、卵胞の成長を観察します。

 

卵胞が15mm16mmぐらいまで育ってきたら、

卵子が飛び出して排卵してしまわないように、

GnRHアンタゴニスト(セトロタイドというお薬)を打ち始めLHの分泌を抑えます。

LHサージが起こって排卵してしまっては、

それまでの努力が水の泡となってしまいますからね。

 

卵胞が成熟し、20mmを超えるようになると、正式に採卵日が決定され、

最後にhCG注射を打ちます。

CGを打てば、それからだいたい36時間後に採卵します。

 

ドナーさんによって薬の効き方には差があって、卵胞の成長具合が異なるのです。

当初の採卵日の予定から2日間くらい遅れることもあります。

 

そうなると私たちは、ドナーさんのホテルの延泊などの対応や、

帰国便の飛行機の変更などの対応をすることになります。

現地スタッフにもその分スケジュールを空けてもらう必要もありますね。

 

 

採卵は全身麻酔で、経膣式の手術によって行われます。

医師が超音波によるモニター画面を確認しながら、

膣壁を通して卵巣まで穿刺針で刺して、卵胞をひとつひとつ突いては、

卵胞液ごと卵子を吸引して行います。

 

1回のエッグドナーさんの採卵数は20個から40個ほどで、

人によっても、また同じ方でもそのタイミングによっても、

クリニックの技術によっても変わってきます。

 

ドナーさんは麻酔から覚めた後、2時間ほど休憩室のベッドに横になって休みます。

そしてその日のうちにホテルに帰ります。

 

こうして、エッグドナーさんから提供された卵子は、

あらかじめ採取し凍結されていたご主人様の精子

ICSIによって受精され、培養器の中で、胚盤胞と呼ばれる状態になるまで、

5日~6日間培養されるのです。

 

エッグドナーさんはとてもありがたい存在です。

エッグドナーさんに感謝ですね。

 

 

f:id:Act-One:20160723180831j:plain

卵子提供プログラムなど海外での不妊治療なら

Act One アクトワンにお任せください。

無料のご相談受付中です。→→→   acto-uno.com

 

 

健康と医療(不妊) ブログランキングへ

 

 

エッグドナーさんはアンタゴニスト法で採卵する その1 

先日Act One・アクトワンのエッグドナーさんがハワイで採卵し、

ハワイでの採卵について感じたことメールしてくれたので、

それをご紹介しました。

 

そこで今回はエッグドナーさんが、

どんなふうに採卵するのかについて、書いてみたいと思います。

 

エッグドナーさんが採卵するのは、

一般的に不妊治療で行われている、排卵誘発剤を使った卵巣刺激法によって

行われます。

 

Act One・アクトワンの提携する海外クリニックが採用する卵巣刺激法は

主にアンタゴニスト法と呼ばれるものです。

アンタゴニスト法は複数の卵胞を育てる方法で、

体外受精では日本でもこの方法が主流です。

 

排卵誘発剤を使った卵巣刺激で一番怖いのは、

OHSS卵巣過剰刺激症候群)でした。

薬剤の使用量がロング法よりも少ないアンタゴニスト法を使えば、

OHSSによって重篤な事態になることを確実に避けることができます。

 

不妊治療に限らず、医療の世界の技術革新はとてもすごいので、

プロトコルはまさに日進月歩で変わって行きますし、

より効果があり、よりリスクの少ない方法に更新されていくのです。

 

f:id:Act-One:20161014170357j:plain

      (FIHの採卵室)

 

アンタゴニスト法はヒト閉経後尿性ゴナドトロピン(hMG)を投与して

卵胞を育て、育ったらヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)で排卵させる方法で、

いずれも注射で行います。

 

それでは、実際にエッグドナーさんはどのように採卵するのでしょうか?

 

まずエッグドナーさんは、Act One・アクトワンの国内の提携クリニック等で、

事前検査を受けてもらいます。

この事前検査は海外の提携クリニックから求められている項目について、

行っていただき、その結果は海外のクリニックに伝えます。

検査の内容としては、一般的な血液検査、AMHなどのホルモン値の検査、

クラミジア等の感染症の検査、エコーによる卵胞数の確認などです。

 

この結果をクリニックに伝え、エッグドナーとしての適正を満たしているかの

判断をしてもらいます。

クリニックからのOKがでると、まずドナーさんの採卵日が決まります。

エッグドナーさんは採卵を実施する周期の前の周期からピルを飲んでもらいます。

 

ピルの使用を止めると、それから4日後ほどで、消退出血と呼ばれる出血があります。

これは月経と同じメカニズムで起きるので、それは生理が始まるということです。

生理が始まって3日目がクリニックの初診となりますので、

エッグドナーさんには日本にいる時からピルの服用を開始してもらい、

渡航して海外のクリニックの初診を受ける日から逆算して、

その日までピルを服用してもらいます。

 

初診日には、クリニックで血液検査、ホルモン値の検査、

エコーによる卵胞の確認が行わます。

 

そして、その結果に合わせて排卵誘発剤使用量が処方され、

その日の晩から自己注射が始まります。

 

つづきます。。

 

f:id:Act-One:20160723180831j:plain

卵子提供プログラムなど海外での不妊治療なら

Act One アクトワンにお任せください。

無料のご相談受付中です。→→→   acto-uno.com

 

 

健康と医療(不妊) ブログランキングへ

 

 

 

 

アクトワンは東京商工会議所に加盟しました

株式会社Act One・アクトワンは東京商工会議所に加盟しました

東京商工会議所 千代田支部 です。

 

東京商工会議所とはどんな団体か? について説明しますね。

 

f:id:Act-One:20161012193057j:plain

 

東京商工会議所商工会議所法という法律に則って設立、運営されています。

東京商工会議所は、東京23区内の会員(商工業者)で構成される

民間の総合経済団体です。

1878(明治11)年に設立され、商工業の総合的な発達と

社会一般の福祉の増進を目的に、

以下の3つを柱として活動しています。

 

1.経営支援活動
  経営に関するご相談、融資のご案内、ビジネス交流会など、企業経営の改善と

  新たな成長に向けて挑戦する企業をサポートする活動を実施しています。

2.政策活動
  景況調査など企業の声を集め、国や都など行政や政治に対して企業が活力を維持し

  円滑な経営を行うことができるよう、提言・要望活動を展開しています。

3.地域振興活動
  観光・ビジネスの推進を始め、23区に設置された支部での活動等を通じて、

  地域経済を活性化するためのさまざまな活動を行っています。

 

そしてそのビジョンは以下の3つです。

 

1.東京商工会議所は、会員自らの向上・発展を促すとともに、

  公共性の極めて高い地域総合経済団体として、

  地域社会の調和ある発展と福祉の向上に資する。

2.東京商工会議所は、わが国経済社会の構造変革を積極的に推進するとともに、

  その主役を担う中堅・中小企業の経営基盤の強化を最大の目的とし、

  自助努力と相互研鑽を踏まえて、

  企業の成長・発展をあらゆる角度から強力に支援する。

3.東京商工会議所は、わが国産業の健全な発展を促し、

  企業活動の成果を通じて、広く日本と世界の繁栄に貢献する。

 

現在の東京商工会議所の会頭は新日鐵住金株式会社の

相談役・名誉会長の三村 明夫氏で、

役員にはそうそうたる面々が顔を揃えています。

 

株式会社Act One もそうした高い理念に基づいて企業活動を行っています。

 

 

f:id:Act-One:20160723180831j:plain

卵子提供プログラムなど海外での不妊治療なら

Act One アクトワンにお任せください。

無料のご相談受付中です。→→→   acto-uno.com

 

 

健康と医療(不妊) ブログランキングへ

 

 

ハワイの卵子提供で、ドナーはどんな人?

 

不妊治療の末に卵子提供を選択する人たちが増えてきています。
Act Oneでは高齢化による卵子の老化や、卵巣の問題でなかなか妊娠しづらいご夫婦に、若い健康な卵子を提供することで、飛躍的に妊娠率が高くなる卵子提供プログラムをおすすめしています。

一般的に体外受精を6回以上行っても受精に結びつかないご夫婦に勧められる卵子提供は、パートナーの精子との体外受精によって胚盤胞となったものを、奥様自身の子宮に移植し、愛情を注ぎながらお腹の中で育て頂いて出産にのぞむものです。

ハワイ風景2

日本の法律では出産した人が実母として、戸籍にも記載されます。
この卵子提供プログラムはハワイやロサンゼルスのガイドラインが整ったクリニックで行われます。

レシピエントのご夫妻は健康な若い卵子の提供を受けて妊娠に繋げていきますので、卵子ドナーの方に関して知りたいと思うのは当たり前の事だと思います。

ご夫妻は卵子ドナーさんを写真やプロフィールを見て選びますが、その人の住所など個人的な情報は一切知らされません。

一方、卵子ドナーの方にもレシピエントのご夫妻の情報が公開されることはありません。

Act Oneでは日本人女性、それも20代の方を中心に卵子ドナーの方が登録しています。
卵子ドナー希望者にはAct Oneが特別に作った、体の特徴や学歴また家族構成を始めとする多くの質問事項に応えていただいてドナー登録をしていただいた後に、心身ともに卵子ドナーとして相応しいかどうか基本的にドナーさんと面談させてもらっています。

そして卵子提供者として候補に上った後には、生理3日前後に日本国内の提携クリニックにて卵巣機能、卵胞数、ホルモン値、子宮頸がんまた感染症の有無など、さまざまな検査を行いその結果、卵子提供が可能かどうかが海外のクリニックの医師によって判断されます。

Act Oneではエッグドナーとなった方は、レシピエントご夫妻の1次渡航の後に、採卵のためにハワイに渡米します。
ハワイには2週間ほどの滞在の間に、自己注射によって卵胞を成長させ、健康な卵子を採集をさせて貰う事になります。
レシピエントご夫妻のご主人様も精子採集のためハワイに向かい、受精卵の移植もハワイで行いますが、時期がずれているので卵子ドナーに会うことはありません。

卵子ドナーを選ぶ際には、ドナーファイルに記載されているドナーさんのプロフィールや複数枚の写真を見る事が可能です。
健康状態や学歴、過去の病歴や治療暦また家族の健康状態や、どのような家庭環境で育ってきているか、性格や特徴また趣味や特技なども知る事が出来ます。

しかし住所や勤務先などの個人情報は一切明かされません。

Act Oneでは安心して卵子提供を受けて頂く為に、なぜ卵子ドナーに応募したのか、その志望動機も確認します

またレシピエントご夫妻には終了後も手厚いケアを行っています。詳しくは心のケアサポートページをご覧ください。

 

f:id:Act-One:20160723180831j:plain

卵子提供プログラムなど海外での不妊治療なら

Act One アクトワンにお任せください。

無料のご相談受付中です。→→→   acto-uno.com

 

 

健康と医療(不妊) ブログランキングへ

 

 

 

エッグドナーさんの手紙②

 

昨日に引き続いて先日ハワイのクリニックで

エッグドナーとして採卵したドナーさんから、

いただいたお手紙のご紹介です。

 

今回はハワイのクリニックのこと、アクトワンの現地スタッフのこと、

アクトワンのことについて思ったこと、感じたことを、書いてもらっています。

具体的で率直な体験談と、そこでドナーさんが感じたことを

お手紙にしていただきありがとうございました。

引続きよろしくお願いします。

 

FIHのこと

ハワイのFIH(ファーティリティ・インスティテュート・オブ・ハワイ)については

不妊治療専門のクリニックでとても有名なところだったので

採卵に関しては何の心配もありませんでした。

対応も日本人の看護師さんなのでコミュニケーションに困ることもありませんでした。

自己注射の説明に関しては、てっきり1回目は看護師さんと一緒に打って

2回目から1人で行うと思っていたのですが、

そうではなく朝の診察時に口頭説明を受けて

その日の夜から1人で行うといったものだったので

録画しながら聞くことをおすすめします。

 

f:id:Act-One:20161007153440j:plain

(ハワイのカフェで朝ごはん)

 

現地スタッフさんのこと

アクトワンさんからは「ハワイ、楽しんでくださいね」

と言われていたものの卵子が順調に育ってくれるか不安で、

実はあまり楽しむ気にはなれませんでした。

でも、現地のスタッフさんが、とてもさっぱりとした

とにかく明るくパワーのある女性で

「せっかく来たんだから楽しみなよ!」と、

偶然看護師のお仕事が休暇だったこともあり、

ガイドブックに載っているお店に連れて行ってくれたり、

ドライブに連れて行ってくれたりとかなり気遣って頂きました。

ドライブにはペットのワンちゃんたちも一緒に来てくれたのでとても癒やされました。

 

f:id:Act-One:20161007153417j:plain

(現地スタッフの飼い犬:シャンプー後のマイロ)

 

アクトワンさんのこと

アクトワンさんはとてもこまめに、そして真摯に対応してくれます。

ドナーに選ばれた際に、できるだけレシピエントのご夫婦のご要望に

応えておきたいと思い、

食事などにこだわりはないかなど確認してほしいと伝えたところ、

ご夫婦のご要望をしっかり教えてくれました。

ドナーの契約の際には社長の玉置隆雄さんも同席され、

卵子提供や不妊治療についての熱い想いも聞くことが出来ました。

ドナーとしての役目が終わった帰国後も、

卵子がきちんと受精したようだと教えてもらい、

私に対するアクトワンさんの気遣いがとても嬉しかったです。

 

f:id:Act-One:20160723180831j:plain

卵子提供プログラムなど海外での不妊治療なら

Act One アクトワンにお任せください。

無料のご相談受付中です。→→→   acto-uno.com

 

 

健康と医療(不妊) ブログランキングへ

 

 

 

エッグドナーさんの手紙①

アクトワンには現在約100名のエッグドナーさんが登録しています

これらのエッグドナーさんは、

どこかのエージェントのように登録の公表数だけは大きけれど、

実際にドナーとして渡航できる人はあまりいないので、

せっかく時間をかけて5人のドナーさんを選んだのに、

連絡がつかないなどの理由で、結局その全員に断られたとか、

ドナー登録はあってドナーファイルを見ることもできるけど、

そのほとんどが幽霊ドナーさんで実態がないということはありません。

 

なぜならアクトワンのドナーさんは、

すべて登録から1年以内のドナーさんばかりだから。

実際に渡航可能なドナーさんがとても多いのです

 

先日ハワイのクリニックでエッグドナーとして採卵したドナーさんから、

今回の経験について、思ったこと、感じたことの手紙をいただきました。

とても真面目で真摯でひたむきなドナーさんで、

いただいた手紙を読んでみても、その人柄が分かりますね。

とてもボリュームのある手紙ですので2回に分けてご紹介したいと思います。

 

今回はその1回目です。

 

エッグドナーのこと

エッグドナーについては元々知っていたわけではなく、

たまたまネットサーフィン中に見かけたのがきっかけでした。

不妊に悩むご夫婦に自分の卵子を提供するというのは衝撃的でしたが、

そこまで強く子供を望んでいるのに授からないご夫婦が

たくさんいるという不公平さが辛くなり、

私でも協力可能かいくつかのエージェントに問い合わせをすることにしました。

 

アクトワンさんを選んだのは設立間も無い会社のようでしたが、

どこよりも早くとても丁寧なお返事をくれたからです。

それでアクトワンさんに決めました。

登録をしても選ばれなければドナーにはならないですし、

少しでもレシピエントさんの選択の幅が広がればという思いで登録したので、

ドナーとして決まった時は驚きました。

 

実際にブライダルチェックを受け、ピルの服用を開始し、

ドナーであることを少しずつ自覚しながら数カ月を過ごしていくと、

少しでも状良い卵子を提供したいと思うようになり

食生活や睡眠時間などかなり気を使うようになりました。

 

渡航してからは事前に聞いていた通り、

毎日決まった時間に注射をするのですがとても怖かったです(笑)

 

注射が苦手なので、慣れたのはほぼ最終日に近い10日目くらいでした(笑)

 

細い針ではありますが針なのでそれなりに痛いですし、

薬の注入箇所が血管ではなく脂肪なので

ぷっくりと圧迫されるような違和感がありました。

私の場合副作用が比較的強めに出たので

吐き気と気持ち悪さがありましたが、

レシピエントのご夫婦のことを考えると頑張れました。

 

卵子の成長が遅く採卵が当初の予定より1日遅れたときは焦りましたが、

採卵日を決める診察の際に「エクセレント」と言われた時はホッとしました。

 

ハワイのクリニックの院長はネットでとても評判が良かったし、

採卵前の準備中に顔を出して声をかけてくれたので

採卵は意外と怖くなかったです。

初めての全身麻酔は怖かったですが、

手術室で看護師さんとおしゃべりをしている間に寝てしまい、

起きたら採卵はあっさりと完了していました(笑)

 

f:id:Act-One:20161005131909j:plain

    (FIHの採卵後の休憩室)

 

採卵後も特に出血も痛みもほぼなく、看護師さんから

「採卵のために子宮を大きくしているので、

それが小さくなる時に痛むから体調の良いうちに

早めに帰国してしまったほうが良い」

と言われ、採卵の翌日、当初の予定通りの帰国となりました。

 

採卵翌日の帰国で大丈夫なのか不安でしたが、

帰国した翌朝にお腹が痛くなったので大正解の帰国のタイミングでした。

採卵まではもうとにかく不安でしたが、

26個の卵子が取れたと聞いた時はすごく嬉しくて

今までの大変さは全て吹き飛んでしまいました。

 

誰でも出来るわけでなくいつでも出来るわけではないこの経験は、

私にとってとてもかけがえのないものです。

もしまた選んでいただくことがあれば、

ご協力させていただきたいと思います。

 

f:id:Act-One:20160723180831j:plain

卵子提供プログラムなど海外での不妊治療なら

Act One アクトワンにお任せください。

無料のご相談受付中です。→→→   acto-uno.com

 

 

健康と医療(不妊) ブログランキングへ

 

 

 

 

第39回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座

 

日本不妊カウンセリング学会が主催し、日本生殖医療研究協会が運営する、

第39回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座が

東京虎ノ門にあるニッショーホールで開催されました。

f:id:Act-One:20161004184202j:plain

今回の養成講座はは10月1日土曜日と、

10月2日日曜日の2日間にわたって開催されました。

 

Act One アクトワンも、もちろん参加させていただきました。

 

この養成講座には様々な業態でなんらかの形で不妊治療に関わる方々が、

本当に全国各地から集まります。

 

遠方から来られる方々は当然のことながら、講座の受講費用と

交通費を支払って、泊まり込みで来られるのでその負担も大なものですね。

f:id:Act-One:20161004184211j:plain

参加しているのは、それこそ弊社のような卵子提供エージェントから、

不妊カウンセラーの方、エンブリオロジストさん、

看護師さん、鍼灸師さん、漢方薬局の方、

特別養子縁組を手掛けている方等々、様々な方々です。

 

それだけに講座の内容も多岐に渡ります。

 

わたしたちにとっての初日の講座の目玉は、

「ジャーナリストの目から見た現在の不妊治療」と題して講演された

河合 蘭さんの講義です。

 

河合 蘭さんといえば、

つい先日、浅田レディースクリニックの浅田義正医学博士との共著で出版された

不妊治療を考えたら読む本」

がマスコミ等で取り上げられて、大きな話題となりました。

 

f:id:Act-One:20161004184221j:plain

 

マスコミで話題になったのは、40歳台のARTによる出産率の低さ。

また、日本が体外受精の件数においては世界一であるのにもかかわらず、

体外受精による出産率は世界最低レベルあるという事実です。

 

講演ではその統計上のデータの収集に纏わる苦労など、

生殖医療に携わる、いわば渦中の人としてではなく、

あえて外側から、ジャーナリストとして見た生殖医療を伝えていくことが

重要だとの話がありました。

 

2日目の講演で興味深かったのはTESE のお話でした。

男性の100人に1人が無精子症といわれますが、

精細管の一部のみを露出させランダムに精細管の一部を採取して

精子を探索するsimple TESEと、

精巣白膜を大きく切開し精細管を全て露出させた上で、

顕微鏡下でより精子が作られていそうな

白く太く屈曲している精細管を狙って精子を探索する

micro TESE について、エンブリオロジストの先生が

動画と写真を使って説明してくれました。

 

精子の探索や精子の回収にエンブリオロジストが大きく関わって、

その成績を左右していることもわかりました。

 

さまざまな分野の第一線で活躍されている方々の興味深いお話を聞くことは、

机上の勉強だけでは不十分な理解を補って余りあることですね。

 

 

f:id:Act-One:20160723180831j:plain

卵子提供プログラムなど海外での不妊治療なら

Act One アクトワンにお任せください。

無料のご相談受付中です。→→→   acto-uno.com

 

 

健康と医療(不妊) ブログランキングへ